更年期の症状と対策

 
Sponsored Link

更年期の症状と対策

更年期の症状かな思ったら

更年期になると女性は、程度の差はありますが、なんらかの不調に悩まされるようになります。
これは女性ならば誰にでも起こる、ごく自然な体の変化です。
閉経を境にして、生殖機能を担う卵巣ホルモンの分泌量が変化し、体調不良や精神的にも大きな変化が訪れます。更年期の症状は個人差があり、まったく何も感じないまま過ぎてしまう人もいれば、体調を崩してしまうほどの症状が出ることもあります。

 

この時期をいかに過ごすかが、人生のあり方を大きく左右します。例えば、のぼせや動悸などの症状が出たら、まずは更年期の症状を疑って婦人科を受診し、適切な治療を受ければ、更年期を楽に乗り越えることができます。あるいは、更年期障害の治療の過程で、骨粗しょう症や動脈硬化などの病気を早期に発見できれば、その進行を止める対策をとることもできます。

 

当サイトは更年期の年齢になり、体の不調を感じたときに更年期の症状なのか、違う原因で症状が現れているのかを見極めるためにも正しく更年期の症状を理解し、改善するための情報を紹介しています。

 

当サイトが更年期の症状で悩んでいる人のために少しでも参考になれば幸いです。

 

 

更年期 気になる症状 − 体

  • 月経周期が乱れてきた。出血量が増えたり減ったりして月経の様子がおかしい
  • 暑くもないのに突然、顔がほてったり、のぼせたり、大汗をかいたりする
  • 特別なきっかけもなく、動悸や息切れを感じることがある
  • 顔はほてるのに、腰や手足が冷えやすい
  • 首筋や肩のこりがひどい
  • 頭が重い、頭痛がする
  • めまいや耳鳴りがする
  • 外陰部がヒリヒリする、かゆみがある、しみる。性交痛がある
  • トイレが近くなった。階段の上り下りやくしゃみなどでも尿がもれることがある
  • 口が渇く、のどがつかえるような気がする
  • 小さな文字が見えにくくなった。目が疲れやすくなった
  • 手足がしびれたり、皮膚がピリピリして、感覚がいつもと違うと感じることがある
  • 体がだるい、疲れがとれない
  • 太りやすくなった、体重が落ちにくくなった
  • 皮膚がかさつく。かゆみがある

 

更年期 気になる症状 − 行動&心

  • 判断力、集中力が衰えてきた
  • 人と会うのがなんだかおっくうになってきた
  • 物覚えが悪くなった。物忘れをしたり、人の名前がすぐに思いだせなかったり
  • 家事も仕事もやる気がしない
  • お洒落をする気力がわかない
  • 訳もなく不安感にかられることがある
  • 心にぽっかり穴があいたような喪失感や寂しさを感じる
  • 寝つきが悪くなった。夜中や明け方に目覚めて眠れなくなってしまうことが多い
  • つい家族や友人にあたり散らしてしまう
  • 自分に自信がなくなる。一生懸命やっているのに何事も思うように進まない
  • やる気が出ない、気分が落ち込むなど、うつっぽい気分になる

 

 

更年期にはこのような症状がいくつも重なったり、日によって違う症状が出たりします。
不安解消の第一歩は、更年期の正しい知識と情報を得ることです。
知識があれば、自分の体を客観的にみることができるし、症状がつらいときは治療を受けて、更年期を楽に上手に乗り越えることができるでしょう。

Sponsored Link