更年期の年齢

 
Sponsored Link

更年期になる年齢って!?

更年期年齢を幅広くとらえることも

日本の女性が閉経を迎える平均年齢は50歳なので、一般にはその前後の10年間。つまり45歳から55歳を「更年期」といっています。

 

これはおよその目安。実際には個人差が非常に大きくて、早い人では40代前半で閉経になる人もいます。
更年期の対象年齢を45歳〜65歳くらいまで広げて考える人もいます。

 

 

月経周期の乱れが更年期のサイン

多くの人は、月経の乱れにより更年期に入ることに気づきます。
卵巣機能が低下すると、それまで28日周期できちんと月経が訪れていた人でも、2週間もたたないうちに次の月経がきたり、逆に遅れがちになったりします。
また月経の持続日数にも変化があり、2,3日で終わるなど日数が短くなったり、10日あるいは2週間も出血が続いたり、この両方のパターンが、入れ替わり立ち代りにやってくる人もいます。

 

このように月経が乱れて、しだいに月経の間隔が遠のいていき閉経を迎えます。

 

40代半ばになって、月経周期が乱れたり、日数や出血量が以前と違うと感じたら、そろそろ更年期に入ったと考えて、まず間違いありません。

 

月経が乱れてきたら、病気の有無をチェックするために婦人科を受診しましょう。

Sponsored Link