更年期の検査

 
Sponsored Link

更年期の検査の流れ・内容

更年期の時期になると、さまざまな形で現れる症状が、更年期によるものなのか、あるいはほかの病気によるものか鑑別することがとても大事です。

 

更年期の検査の流れ

婦人科の診察では、問診、内診を中心に、いくつかの検査を組み合わせながら、更年期による症状かどうかを総合的に判断していきます。

問診

問診ではまずどのような症状に悩んでいるか、月経のようすなどを中心に聞いていきます。そのほか、これまでかかった病気や現在かかっている病気、家族の病気の病歴などについても質問します。
また診察を待っている間に、更年期の症状や現在の心理状態の自己チェック票、食事や運動などの生活習慣のチェック票を渡して、記入してもらう病院も多いです。

内診では子宮や卵巣などのチェック

内診では、膣の様子、子宮筋腫や子宮内膜症、卵巣のう腫などの有無を見ます。また、内診時にいっしょに子宮がんの検査を行うことも多いです。

 

 

婦人科で行われる検査

超音波検査

子宮の大きさや卵巣の位置、大きさ、子宮筋腫や子宮内膜症の有無、卵巣の腫瘍の有無などを確認するたに超音波検査が行われます。

血液検査

血液検査では、ホルモン量やコレステロール値など体のさまざまな変化の情報を検査できます。

細胞診

子宮がんの検査は「細胞診」といいます。40代からは、特に子宮体がんが増えてくるので注意が必要です。多くの医療機関では、初診のときに内診といっしょに子宮頚がん、子宮体がんの検査を行います。

骨量測定

エストロゲンの低下とともに、骨量も減りはじめますから、更年期の人はぜひ一度受けたい検査のひとつです。

乳がん検診

乳がんは40代から急増します。乳がん検診は触診やマンモグラフィ検査で行います。

Sponsored Link