更年期の漢方療法

 
Sponsored Link

更年期の漢方療法

体のバランスが乱れて起こる更年期の症状には漢方療法

体全体の状態をみて、さまざまな症状や体質の特徴を総合的にとらえながら、全体のひずみを改善していくのが漢方療法です。
ホルモンのアンバランスや自律神経の乱れによって起こる更年期特有の不調の改善には漢方は有効です。

 

 

漢方療法の特徴

更年期の症状はエストロゲンの減少によって引き起こされるものですから、足りなくなった女性ホルモンを補充するのがホルモン補充療法です。
一方、漢方療法では、この時期女性ホルモンが減ってくるのは体の自然な変化だから、ホルモンはいじらずに、困った症状を取り除きならがら全身の状態を整えていこうとするものです。

 

ホルモン補充療法は、出ている症状に非常に即効性がありますが、使用をやめると効果がなくなることがあります。漢方療法は、効果が現れるまでに多少時間がかかりますが、その分、副作用が少なく、効果が長く続くといった長所があります。

 

更年期の症状が強くて、すぐにでも楽になりたいというときはホルモン補充療法を行うのもいいし、ホルモン補充療法と併用しながら漢方で体の調子を整えていくのも効果的な方法です。また、症状がひどいわけではないけれど不調をなんとかしたいという人や、ホルモン補充療法を使いたくない、あるいは使えない人は、更年期を漢方療法で乗り切るのもよいでしょう。

 

なお、漢方療法を行う場合でも、現れた症状が更年期によるものか、病気によるものかを調べるために、婦人科などで検診を受けることが大切です。

 

 

漢方療法の薬の処方

ひとりひとりの体質に合わせて治療を行う漢方では、医師は顔の表情や精神状態、皮膚、体型、動作、舌の状態などを診たり、体臭や声、呼吸音などのチェック、触診などを行い総合的に判断します。
漢方では人によって同じ病気や症状でも、処方される薬が違います。

Sponsored Link