更年期と子宮体がん

 
Sponsored Link

更年期に発症しやすい子宮体がん

子宮にできるがんには、「子宮頸がん」と「子宮体がん」があります。

子宮体がんについて

子宮の奥の子宮体部にできるがんです。
子宮頸がんと異なり、月経による内膜剥離がなくなった閉経後になりやすいがんです。実際、子宮体がんの患者の8割ほどが閉経後です。もっとも多いのが50代で、ピークは50代後半です。

 

 

子宮体がんの原因

原因は不明ですが、ホルモンのバランスが悪いことが影響すると言われており、エストロゲンの持続的な分泌が引き金になると考えらています。

 

 

子宮体がんの症状

子宮体がんは、不正出血が特徴的です。初期にはこれといった症状が出ない場合もありますが、進行してくるとたびたび不正出血を起こします。
理由もなく出血が続いたり止まったりを繰り返すのも子宮体がんの特徴のひとつですが、この不正出血を閉経前の月経不順と勘違いして、発見が遅れるケースも非常に多くみられます。

 

下腹部の痛みや悪臭のあるおりものが増えてくると、がんはかなり進行しています。

 

 

子宮体がんの治療

子宮体がんの場合は、手術が原則です。初期の段階では、子宮全摘だけを行いますが、その後は子宮とともに転移しやすい両側の卵巣、卵管とリンパ節も摘出します。
症状によって、放射線療法やホルモン療法、抗がん剤での治療を併用することもあります。

 

 

子宮体がんの予防

予防にはまず肥満にならないことが大切です。早期発見には45歳を過ぎたら年に1度定期健診を受ける必要です。検査で見つからない場合も2割ぐらいありますので、特に閉経後に出血がみられる場合は、再度検診しましょう。

Sponsored Link