更年期と狭心症・心筋梗塞

 
Sponsored Link

更年期に発症しやすい狭心症・心筋梗塞

狭心症・心筋梗塞の症状

狭心症

一過性に心臓の冠動脈が収縮したり、動脈硬化によって狭くなって、血流が悪くなると心臓の筋肉が酸素不足に陥り、発作的な胸痛が起こるのが狭心症です。締め付けられるような圧迫されるような胸の不快感や痛みが特徴です。

 

心筋梗塞

狭心症がさらに進んだ状態。動脈硬化によって冠動脈が完全に詰まって血液が流れなくなり、心臓の筋肉が酸素不足になって壊死した状態です。突然胸部に、締め付けられるような激痛が起こります。痛みは狭心症に比べてはるかに強く、痛みの持続時間が長いのも特徴です。

 

 

狭心症・心筋梗塞の治療

狭心症では、発作時にニトログリセリン舌下錠や貼付薬を使用するほか、冠動脈を広げる薬や脈拍を抑える薬などを服用します。また症状によっては、冠動脈の狭窄部を広げたり、バイパスなどの外科的治療を行います。
心筋梗塞は生命にかかわります。絶対安静を保ち、一刻も早く救急車を呼んで、治療を受けることが必要です。

 

 

狭心症・心筋梗塞の予防

動悸や息切れは、更年期に起こりやすい症状ですが、頻繁に起こるようなら検査を受けましょう。高血圧症や高脂血症、糖尿病、肥満などは危険因子です。また、過度の飲酒、喫煙、過労、ストレス、運動不足も要注意。標準体重を保ち、食生活も見直しましょう。

Sponsored Link