更年期と関節リウマチ

 
Sponsored Link

更年期に発症しやすい関節リウマチ

関節リウマチについて

免疫は、外から侵入する異物を排除し、自己を守る体のしくみですが、なぜか自分自身の細胞やたんぱく質などを異物として認識して反応してしまうことが起こります。これによって起こる病気を自己免疫疾患といいます。その代表的なものに関節リウマチやシェーグレン症候群などの膠原病があります。

 

関節リウマチは、関節に炎症が起きて、関節がこわばり、腫れて痛くなる病気です。女性に多く見られる病気で、女性の患者は男性の3〜4倍にも上ります。発症しやすい年代は30〜50代で、更年期前後に発症することが少なくありません。

 

 

関節リウマチの症状

はじめは、手指の小さな関節や、足の指の付け根、手首などの関節が痛み出し、しだいに腫れをともなうようになるのですが、膝やひじなどの大きな関節から発症することも少なくありません。進行すると関節が変形して動かしにくくなります。肺や心臓、腎臓、肝臓、目、皮膚、神経など関節以外にも症状がでることがあります。

 

 

関節リウマチの原因

はっきりした原因は不明です。遺伝的な要因やウイルス感染、女性ホルモンの影響などが考えられています。

 

 

関節リウマチの治療

非ステロイド系抗炎症薬、抗リウマチ薬、ステロイド薬などの薬物療法が中心で、ときに手術が行われます。
炎症がおさまったら、関節の動かせる範囲を広げるために、筋肉を鍛える体操や理学療法を行って関節の変形を防ぎます。

 

 

関節リウマチの初期症状

初期は、朝起きたときに、手が腫れぼったくて指を曲げにくいといった症状が現れます。関節が痛んで、腫れるなど気になる症状があるときは、「更年期の不調かも」と自己判断せずに、医師にみてもらいましょう。

Sponsored Link