更年期とシェーグレン症候群

 
Sponsored Link

更年期に発症しやすいシェーグレン症候群

シェーグレン症候群について

自己免疫疾患のひとつで、主に涙腺や唾液腺に炎症が起こって、涙や唾液などの分泌物が極端に少なくなる病気です。発症の男女比は女性に多く、40〜60代に多発します。関節リウマチなどほかの膠原病に合併していることも少なくありません。

 

 

シェーグレン症候群の症状

ドライアイやドライマウスが主な症状ですが、鼻腔が乾いたり、膣が乾燥して性交痛が起こることもあります。
ほかに唾液腺の腫れや痛み、全身症状として疲労感などもあります。また、肺、甲状腺、肝臓、腎臓などの臓器に自己免疫による障害が生じることもあります。

 

 

シェーグレン症候群の原因

はっきりした原因は不明です。遺伝的な要因に免疫異常やウイルスなどの環境的な要因、また、更年期に多く発症することから、性ホルモンが関与しているのではないかと考えられています。

 

 

シェーグレン症候群の治療

現在のところ根本的な治療はありません。内科で全身的な管理をしながら、口腔外科でドライマウスを、眼科でドライアイを治療するといった形で連携して治療します。

Sponsored Link