更年期のセッ●クス

 
Sponsored Link

更年期のセッ●クスに対する考え方

性交痛に悩む女性

更年期にパートナーとの関係が微妙にすれ違っていくことのひとつに、性生活の問題があります。
エストロゲンが減少すると膣粘膜や外陰部が萎縮し、薄くなります。また性的に興奮しても、膣内の分泌液が十分に分泌されなくなり、膣内の潤いが少なくなります。こうした条件が重なるために、更年期にはセックスのときに痛みを感じる女性が増えてきます。

 

性交痛は、多彩な更年期の症状の中でも、人に話しにくく、我慢する女性が多いです。でも我慢していると、性的な興奮が得られないためにますます分泌液が不足し、よけいに痛くなるという悪循環になります。
性交痛があってつらいときには、正直にパートナーに話して理解を得ることです。また、このような状態に対してはホルモン補充療法が大変有効ですし、ゼリー剤などの使用も役に立ちます。

 

 

セッ●クスは膣の萎縮の進行をゆるやかにする

膣の萎縮は、更年期以降の女性にとって避けられないことですが、その進み方には個人差があります。
体の臓器や器官には、使われないと萎縮しやすい性質があります。そこで、もし女性の側がいやでなければ、閉経後も適度にセックスの機会を持つほうがよいのです。ホルモン補充療法や潤滑ゼリーなどを使って痛みを軽減し、セックスを楽しむことができれば、心身の老化防止にもなるでしょう。

 

 

体と心が触れ合う楽しさを大切に

「性交は痛いし、おっくうでも、体を触れ合ったり、抱きしめたりすることは続けたい」「愛撫だけのセックスならいいな」と思っている女性も多いものです。
一方、体の衰えは、男女ともに早晩起こってくる現象です。老年期になれば、骨盤底の筋力などが低下するため、女性はオーガズムの時間が短縮し、快感も減ります。男性では勃起力が低下し、射精に時間がかかり、射精にともなう快感も減ってきます。
肌を触れ合うスキンシップを大切に続けていれば、年をとってからも心身を満足させるものになるでしょう。

Sponsored Link