男性の更年期

 
Sponsored Link

男性の更年期 特徴と原因

男性の更年期の特徴

更年期は女性だけのものとまだ誤解している人もいるようですが、男性にも体の変化の時期は訪れます。
女性の更年期には「閉経」というはっきりした区切りがあり、個人差はありますが、平均的には50歳前後の役0年間という期間に限られています。その点、男性の場合は、性機能の衰え方が緩やかなため、女性ほど症状がひどくなりにくいものです。男性の更年期の年齢はだいたい40歳から64歳くらいまでと女性より幅広く、生殖機能が終わる年齢も個人差がかなり大きいのが特徴。

 

40代半ばで更年期障害に悩む人もいれば、70歳を過ぎてもまったく症状がなく、子供をつくる人もいます。

 

 

男性の更年期の原因

男性ホルモンのひとつのテストステロンは、男性ホルモンの中でも、もっとも作用が強く、男性らしさをつかさどるホルモンです。
このテストステロンの血中に含まれる量の多少が生殖能力を左右します。男性は、40歳を過ぎるころからテストステロンの量が徐々に低下していき、この減少によって男性の更年期障害が起こります。

 

男性ホルモンはゆるやかに落ちていくため、女性のように強い形で更年期障害が現れないことが多いです。
しかし女性同様、不安やイライラ、うつ、不眠などの精神症状のほか、疲労感やほてり、発汗、頭痛などの身体症状も現れます。この時期は年齢的にも動脈硬化や高血圧症、糖尿病などの生活習慣病を引き起こしやすく、これが性欲の減退につながることもあります。

 

男性の場合は、更年期特有の不調のどこまでが性ホルモンの減少によるものか、判定が難しいものです。しかし、加齢による肉体の衰えや職場や家庭での精神的なストレスなどが相互にからみ合って起こっていることは間違いありません。

Sponsored Link